YAMAGUCHI
PRIMARY
CARE

  • 研修風景
  • 山口県下関市の角島
  • 山口大学医学部
  • 山口県山陽小野田市_生協小野田診療所
  • 山口県萩市の城下町
  • 研修風景_2
  • 山口県宇部市_波乗りクリニック
  • 萩市の万灯会
  • 宇部興産中央病院_2

CONCEPT

当プログラムでは、地域で良質な総合医療を提供すること、
優れた総合診療医を育成することを使命とします。

また、総合診療の診療、教育、研究活動を通じて山口県の医療の発展と
地域の活性化に貢献することを目指します。

そのための行動指針として、探求と開拓、自立と挑戦、情熱と実行を
重ねながら、患者や地域と協同し世界最良の総合診療を提供します。

山口大学が本気で総合診療医を育成します!

PRIMARY CARE総合診療

総合診療医がカバーする診療範囲はとても広く、受診患者の全ての健康課題の95%に対応可能です。
プログラム終了後には総合診療医のプロフェッショナルとして、総合診療医(診療所)、在宅専門医、緩和医療専門医、総合診療医(病院)、医学教育、臨床研究など、多彩なキャリア形成が可能です。

ABOUT OUR PROGRAM山口大学総合診療プログラムについて

山口大学総合診療プログラムは、アウトカム基盤型教育に基づいた教育設計により、「人間中心の医療・ケア」「包括的統合アプローチ」「連携重視のマネジメント」「地域志向アプローチ」「公益に資する職業規範」「診療の場の多様性」の6つのコア・コンピテンシーを習得します。また、ポートフォリオの作成によって、プログラム期間中に指導医や同僚の専攻医と経験を共有し、次に同じような状況に遭遇しても対応できる能力を養っていきます。

FIELDフィールド

専攻医は「大学」「総合病院」「診療所/中小病院」「地域保健活動」の4つのフィールドで活動します。数多くの医療機関が並ぶ都市部と、山口県の3分の2を占める緑豊かな地域の2種類のエリアでの研修を選択できます。「場の多様性」の中で学ぶことも総合診療の醍醐味の一つです。

DOCTOR指導医

山口県内外で総合診療の「診療」と「教育」に実績のある指導医陣が揃っています。山口県初の女性の総合診療部の教授も指導医を務めます。指導医の教育力がプログラム全体の質に大きく影響するため、指導医陣の更なる質向上の取り組みも行っています。専攻医に指導医とメンターが一人ずつ担当し、研修ライフをサポートします。

LIFEライフ

山口大学のある宇部市は、地域の暮らしやすさ指標(経済産業省)で、全国7位に選ばれ、「生活利便性」「働きやすさ」「医療・福祉」の項目において総合的に高い評価を受けています。さらに、萩市や下関市での研修ライフも自然に囲まれ、子育て世代に快適な生活が送れる地域です。本プログラムでは、研修を行いながら恋愛・結婚・出産・育児といった女性のライフスタイルにも柔軟に対応できるプログラム運営を心がけています。

MESSAGE

地域に医療がなくなるということは、その地域で住みよい暮らしができないことを意味します。
医療は年齢、性別、臓器に関係なく平等に提供されるべきです。医療分野のどの分野であれ、一部分でも欠けることがあれば、その地域で安心して住むことができなくなります。

あなたの住む地域で子どもを診察する医師がいない、または皮膚疾患や精神疾患を診察できる医師がいないと言われたら、その地域で住むことをどのように感じるでしょう。年齢、性別、臓器に関係なく、幅広い診察を提供できる総合診療医が活動するということは、地域の住みよい地域社会を守ることに郢ォがります。そのために当プログラムでは、地域で良質な総合診療を提供すること、優れた総合診療医を育成します。

探求と開拓、自立と挑戦、情熱と実行をもった総合診療医の皆さん、山口県に集まりましょう!

MORE

山口大学総合診療プログラムの詳細は、下記「プログラム詳細」(宇部興産中央病院HP)をご覧ください。
また、下記「資料ダウンロード(PDF)」のボタンから、本プログラムの資料をダウンロードできます。